• 病院概要
  • 患者様はこちら
  • 医療機関様はこちら
  • 採用情報
  • よくある質問
  • お問い合わせ

コンタクトレンズ

コンタクトレンズとは近視、遠視、乱視などを矯正するために角膜の上にのせる医療用具です。同様の目的で用いられる眼鏡では長時間かけられない方や、左右の度数の差が大きく違い矯正しきれない方に効果的です。
眼鏡のようにずり落ちたり曇ったりという煩わしさがありません。

コンタクトレンズは角膜とコンタクトレンズの間の距離がゼロに近い特性から実物大で見ることができます。眼鏡だと度数によっては物が小さく見えたり歪むことがあります。

ただし直接角膜に接触するため、正しい取扱いが必要です。コンプライアンスの悪い方にはおすすめできません。

コンタクトレンズの種類

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズに分けられます。

ハードコンタクトレンズ → 小さくて硬い素材のレンズ

長所

  • 屈折矯正効果が高い(円錐角膜・強度角膜乱視を矯正できる)
  • 眼球への酸素供給量が多い(酸素透過性)
  • 寿命が長い

短所

  • 異物感があるため慣れるのに少し時間が必要
  • ずれたり、はずれたりする場合があり激しい運動には不向き
  • 長時間装用で眼瞼下垂になりやすい 

種類

  • 屈折矯正用(近視・遠視・乱視)
  • 強度角膜乱視用
  • 円錐角膜用
  • 遠近両用 

ケア方法

  • こすり洗いとつけ置き洗浄があり、汚れが強い場合はつけ置き洗浄でもこすり洗いが必要

※正しいケアをしているのに汚れ・乾き・くもりやすい症状のある方は、ハードコンタクトレンズ用装着液がおすすめです。(詳しくはお問い合わせ下さい) 

 

ソフトコンタクトレンズ → 大きめで柔らかい素材のレンズ

長所

  • 装用感の良さ
  • ずれたり、はずれたりしにくい為スポーツに適している

※最近、従来の素材に比べ乾燥に強く厚みがある為形状保持に優れている新素材のシリコンハイドロゲルレンズが発売されています。

短所

  • 柔らかく水分を含む為涙液成分であるたんぱく質等の汚れが付きやすく、細菌やカビ等微生物の繁殖防止の為に洗浄・消毒が不可欠

種類
屈折矯正用(近視・遠視・乱視・遠近両用)

 

特徴

欠点

従来型
(約1年で交換する)

・1枚のコンタクトレンズを
寿命がくるまで使う(約1年)
・年間コスト安価

・装用後毎回ケアが必要
・破損・紛失時に買い替えが必要

定期交換型
(1~3ヶ月で交換する)

・短期間で定期的に新しい
コンタクトレンズに交換

・装用後毎回ケアが必要

頻回交換型
(2週間で交換する)

・短期間で定期的に新しい
コンタクトレンズに交換
・汚れが付く前に交換できる
・破損・紛失時予備がある

・装用後毎回ケアが必要

ディスポーザブル
(1日使いすて)

・ケアがいらない ・旅行
・スポーツ
・週末だけ使用したい人におすすめ
・毎日交換するので衛生的

・1度外したら再装用できない
・毎日使用すると1番コストがかかる

※取扱いメーカー等ご不明な点がございましたらお問い合わせ下さい。

ケア方法

使用方法

つけおきタイプ

こすり洗いタイプ

特徴

・消毒力が強い
・ケアがかんたん
・防腐剤が入ってない

・1本のボトルで
消毒・洗浄・保存ができる
・誤使用が少ない

注意点

・誤使用すると危険

・こすり洗いしないと
効果が出ない

※コンタクトレンズを安全にお使いいただくためには汚れを確実に落とす正しいケアが大切です。

 

カラーコンタクトレンズ

近年、瞳の色を変えたり大きく見せるといったオシャレを目的としたカラーコンタクトレンズが雑貨品として多くの種類が販売され、眼科医の診察を受けずに量販店やインターネットで購入する人が増えています。上記の中には安全に使用できる基準値を大幅に下回っている粗悪な作りの物も多く、眼にトラブルを起こし重症化してから眼科を受診するケースが増えています。

眼科を受診し十分な説明を受けたうえで、安全基準を満たしているカラーコンタクトレンズを正しく使用して頂ければカラーコンタクトレンズも安全に使用できます。

コンタクトレンズ処方までの流れ

問診

ライフスタイルにあわせたコンタクトレンズを選ぶために使用目的などを確認する

屈折検査

cshoho01.jpg


眼圧・視力測定

cshoho02.jpg

コンタクトレンズ装用

cshoho03.jpg

フィッティング確認

cshoho04.jpg

度数補正

cshoho05.jpg

処方レンズ決定
※コンタクトレンズを初めて装用される場合には、上記の検査の他に30分~1時間程度の装用・取扱い練習が必要です。

cshoho06.jpg

※必要に応じ角膜形状検査、角膜内皮細胞数測定、涙液検査、調節麻痺剤点眼検査等が追加になる事もあります。
※受付時間によっては1日で終わらず再来院していただく事もあります。
※コンタクトレンズの種類によってはお渡しまで日数がかかることもあります。

定期検査の必要性

眼の健康のためには安全で快適なコンタクトレンズ装用を続けて頂くことが重要です。

特に自覚症状がなく快適にコンタクトレンズを使用しているようでも、気がつかないうちに眼の障害や度数変化等何らかのトラブルがおきている事もあります。

トラブルを未然に防ぐ為にも定期的に眼科医の検査・診察を受けて頂く事が大切です。

定期検査は更新の時に(3ヶ月毎・6ヶ月毎)受けて頂くのが理想的です。

初めて使用される方は装用開始から1週間後・1ヵ月後・3ヶ月後(更新時)と検査を受けて頂くのが理想的です。

コンタクトレンズによる眼疾患

contact01b.jpg

contact02c.jpg

 

contact03.jpg

 

contact04.jpg

 

contact05.jpg

 

contact06.jpg

※コンタクトレンズはデリケートです。正しい取扱いやケアを怠ると上記のような症状がでる恐れがあります。

コンタクトレンズの処方箋発行について

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。

高度管理医療機器とは心臓のペースメーカーなどと同じ分類に分けられる医療機器で障害が起きた時、人体に重大な影響をあたえる恐れがあると考えられるもののことです。

最近ではインターネットや安売り店でコンタクトレンズを購入する人が増えていますが眼に合ってないものを使用してトラブルを起こしてしまう人が少なくありません!

その為眼科医のもとで正しいコンタクトレンズの処方・定期検査を受けることをおすすめします。

  • 当院で処方させて頂いたものと異なるレンズを販売されたり、度数を変更される等の恐れもある為コンタクトレンズの処方箋の発行のみは行っておりません。
ページ上部にもどる