• 病院概要
  • 患者様はこちら
  • 医療機関様はこちら
  • 採用情報
  • よくある質問
  • お問い合わせ

屈折矯正手術(レーシックなど)

目のしくみと屈折異常

LASIK00.gif

近視、遠視、乱視のメカニズムをご存知ですか。屈折矯正手術を受ける前に、目と屈折異常の関係を知ることで、手術への理解が深まります。

正常な目

角膜を通った光は、角膜と水晶体で屈折し、 網膜上で焦点が合うので、はっきりと見えます。
LASIK01.gif

近視

角膜と水晶体の屈折力が強すぎる、もしくは眼球が長いため、 

網膜の手前で焦点が合い、網膜上では像がぼやけてしまいます。

LASIK02.gif

遠視

角膜と水晶体の屈折力が弱いため、網膜より後ろで焦点が合い、 網膜上では像がぼやけてしまいます。
LASIK03.gif

乱視

角膜にひずみがあり、屈折力が均一でないため、 通過した平行光線が1点で結合せず、 像がぼやけたり、二重、三重に見えます。

LASIK04.gif

目は、カメラの構造にとても良く似ています。近視、遠視、乱視の方は、焦点の合う位置がずれています。きちんと見えるためには、眼鏡やコンタクトレンズ、屈折矯正手術によって、正常な目と同じように、網膜上でちゃんと焦点が合うように調節しなければなりません。

ページ上部にもどる