• 病院概要
  • 患者様はこちら
  • 医療機関様はこちら
  • 採用情報
  • よくある質問
  • お問い合わせ

緑内障

緑内障の検査

緑内障は、眼圧検査、眼底検査、視野検査等で診断されます。定期健診などでいずれかの検査に異常があった場合、必ずもう一度眼科医の診察を受けるようにしましょう。

眼圧検査

直接目の表面に測定器具をあてて測定する方法と、目の表面に空気をあてて測定する方法があります。緑内障の重要な検査です。

隅角検査

主に診断のために行う検査で、専用のコンタクトレンズを用いて行います。この特殊なコンタクトレンズを患者さんの目に押し当てて隅角を観察して診断します。点眼麻酔をして行いますので、痛みはありません

眼底検査

視神経の症状を見るために、視神経乳頭部を観察します。視神経が障害されている場合、陥凹(へこみ)の形が正常に比べて変化し大きくなります。健康診断などでは、よく「視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)」と判定されます。緑内障発見のための必須の検査です。当院では更に三次元画像解析装置を使い、診断に役立てております。

視野検査

視野の欠損(見えない範囲)の存在の有無や大きさから緑内障の進行の具合を判定します。 特殊な機械の前に座って、小さな光が見えるか見えないかでボタンを押します。30分近くかかる面倒な検査ですが、緑内障の進行具合を判断するために、最も重要な検査です。当院では主に静的視野検査(ハンフリー視野検査)を予約して行っております。その他に動的視野検査(ゴールドマン視野計)も必要に応じて行います。

ページ上部にもどる