メニュー

眼瞼内反症

眼瞼内反症とは

jpg下眼瞼(下まぶた)にある瞼皮を引っ張る範囲が断裂し、眼輪筋が相対的に強まるため、眼瞼(まぶた)が内向きになって、睫毛(まつげ)が角膜にあた り、痛 みや、めやにを伴います。角膜が白く濁ってしまうこともあります。当院では、炭酸ガスレーザーを用いたジョーンズ変法(下眼瞼牽引筋腱膜タッキングと眼輪筋短縮)をおこなっています。

※眼瞼内反症手術は、江口院長が担当します。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME