メニュー

レーシックについて

近視、遠視、乱視を手術によって矯正する方法(屈折矯正手術)は最近になって始まったわけではありません。その歴史をさかのぼれば100年以上前から行われてきました。

そして、ここ20数年の屈折矯正手術の進歩は目覚ましいものがあり、世界中で近年盛んに行われるようになってきました。これは最新技術によるエキシマレーザーの開発によって、手術の精度が飛躍的に向上したためです。

江口眼科病院もこのすばらしい最新の診断技術と治療器械を導入し、最新の屈折矯正手術を行っております。すべての患者様に最新かつ最高の医療を提供する理念を実現するため、追加料金なしでウェーブフロントレーシックを皆様に提供しております。

レーシック手術は江口病院長が担当しております。ご興味のある方は病院長による説明会をお聞き頂ければと思います。(屈折矯正手術について↓↓もご参照ください)

 

 

 

屈折矯正手術(レーシック)について

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME